images
違いは何かな??

2016年8月にインスタグラムが新実装した「Instagram Stories」。
Snapchatのように24時間で投稿が消えてしまうかたちの気軽な投稿サービス。
さっそく「Instagram Stories」を使ってみました。今回は「Instagram Stories」の使い方やビジネス活用に関する考察を考えてみました♪

Instagram Storiesとは?

2016年8月にインスタグラムが新実装した「Instagram Stories」とは、Snapchatのように一定時間(24時間)たつと消えてしまう気軽な写真投稿サービスです。
追加実装の背景としては、インスタグラムを利用する10代のユーザーは、投稿して数分でフォロワーからいいね!がつかないと投稿を消してしまう。
それほど、プロフィールに残る投稿は厳選されており、逆に言うと気軽さはない状況のよう。
そこで、もっと気軽に「なんでもない日常の情景」を投稿できるようにと企画されたようです。
参考:techcrunch

Instagram Storiesの使い方

まずは、新機能「Instagram Stories」の使い方を説明しますね

Instagram Storiesの起動の仕方

ホームより左上のマークをタップするか、右にスワイプをすることでカメラが起動した画面に遷移します。
また上部のアイコンが表示されているフォロー者がストーリーを発信しています
01

撮影方法(アルバムから選択方法)と投稿方法

下部中央の白丸をタップで静止画撮影ができ、長押しすると動画が撮影できます。
02
また、撮影画面で下にスワイプすると24時間以内に撮った写真や動画から「Instagram Stories」への投稿が出来ます。
03

写真や動画に書き込みもできる

「Instagram Stories」はインスタグラム初の機能として、画像/動画への書き込みが出来ます。
書き込める内容は、フリースタイルのペンと、打ち込みスタイルのテキストです。
04
テキストの打ち込みは、右上のアルファベットをタップすると画面下部からキーボードが出てきます。
これで投稿すればストーリーの投稿は完了です♪

ストーリーの公開設定

投稿したストーリーの右下にある3つの点をタップし、ストーリー設定から
ストーリーの公開条件が「すべての人」「フォロー中の人」「オフ」(非公開)という設定が可能です。
また、特定の人を選出して非公開にすることも可能です

05

06

再生者のログ(足跡)が残る

投稿したストーリーの下部にある目のようなマークをタップすると、ストーリーの閲覧者を確認することが出来ます。
07

まとめ

今回の新機能「Instagram Stories」は、「なんでもない日常の情景」をもっと気軽に!というコンセプト。
個人ユーザーの新たな活用シーンを広げられるだけでなく、ビジネス活用という視点で見てもこんな活用はどうでしょうか?

1.タイムラインの上部に固定で位置取りが出来るからタイムラインに埋もれることなくアピールできる。

2.24時間限定の投稿のため、キャンペーンの告知など期間限定施策に使えるかも?!

3.足跡が残るので閲覧ユーザーが計測、特定できるためフォロワーの関心度が図れるのでは?

 

この他にも、最近はコメント欄の広告的スパム投稿を制限する追加機能の発表もあったインスタグラム。
ますますビジネスで活用できる幅は広がりそうですね♪ぜひお試しください♪

Columnメルマガバナー

集客・売上UPに困っていませんか?根本的な原因を戦略する方法を無料で配信しています

*メールアドレス  
*お名前(ニックネーム可)