WEB制作をしていると、必ず言われること
「検索をしたら上位(最初の1ページ)に表示されるようにしてほしい」
これは、ある程度、ネットの構造を知っている人にとっては大きな課題ですよね

google

どのようなサイトがGoogleに好まれるのか?とある書籍では
・流行りやトレンドを反映しているもの ・お客様想いの老舗企業 
・新しい勢いのある会社 ・少し個性の強い会社
・大手企業 ・中小企業 ・お役立ち情報ばかりが載せている非営利サイト
という形で構成されているそうです。

SEOをしている会社に多額のお金を支払って検索に
上位に表示させるという手法では、上位に上がらない時代になりました。

「どれだけ良質のよいサイトか?」

「見ているお客様が喜ぶサイトか?」

が評価されるようになっています。

具体的にはホームページの回遊率を高くすることで、良いサイトとGoogleが認識してくれるようになります。

Googleエンジンがそこまで知能が高いのか?という話も出てきますが、さすがに検索エンジンのことだけを最新のテクノロジーで
10年間も研究していればちょっとした人間がかなわないぐらい精度は高いですので、裏をかいてやろうちう考え方は絶対にやめてくださいね

それが元になり、スパム扱いされ、ほぼ永遠に検索上位にヒットしないどころか何十ページも下に突き落とされていった
サイトもたくさん見ています(-“-;A …アセアセ

良質のよいGoogleに好かれるサイトを作るというのは、パソコンに詳しい専門家がどうこうあがくということではなく
分析

お客様に役立つ情報がサイトに掲載されているか?

お客様の声が届いたサイトになっているか?

見ている人が喜ぶサイトになっているか?

ここを考えることで、結果=集客ができる(売り上げがあがる)サイトになっており、

結果=Googleに好かれるサイトになっており、気づいたら上位に上がっている

ということになります。

そういうことに気付いたら、「WEB制作社に丸投げ」という気持ちは生まれないはずです。

もう一度、ご自身のサイトを見直し、分析してみてくださいね♪

Columnメルマガバナー

集客・売上UPに困っていませんか?根本的な原因を戦略する方法を無料で配信しています

*メールアドレス  
*お名前(ニックネーム可)